言葉を放つとそれだけ分離する

  • 2019.04.20 Saturday
  • 23:47




ここ最近ずっと思うことがあります。


http://aroma-harp.jugem.jp/?eid=354


↑の記事にもあるように、抽象的な言葉のほうが、相手の身体の中に入っていく様な気がしています。




本質は、大元で。


大元は、大きいから。




形無い、概念無い。そんな気がしています。


なので、言葉を放てば放つ程、


本筋からずれていく様な気がしています。



私が、何かを説明するとき。


言葉を放っていくと、どんどん分離していく感じ。


具体的になり過ぎると、本筋の気持ちから外れてしまうような気がしています。



何かジャッジをしているようで。


放ってしまうと、もうその言葉は私のものじゃ無い、気がしています…。


先細りしていく様な感じ。



それは別に言葉だけでは無く、音楽や絵や仕事、アウトプットもそうかな。


でも言葉が一番分離していく気がしています。




もしかしたら私達は…、毎日そのままでも何かを与えているのかもしれない。


だから、私は私のままが一番影響を与えてるのかも。



コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

Instagram

papararara28

Twitter

@paparamai フォロー募集中♪

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM