セラピストの時の気持ち。呟き。

  • 2019.02.20 Wednesday
  • 23:50

最近気がついたのは、論理的に話す言葉より、言葉少な目で、感覚で話すような言葉の方が相手の身体に入りやすいなぁ、という事です。





擬音だったり。


思考過多の方には無意識に触れて、良いのかなぁって思いました。



1から10まで説明してあげた方が、相手はそれを覚えたらその内容をシェアしやすくはなるとは思いますが…。

体感とはまた違うのかな、と思った。


個人的には、セラピーをしている時はそういう感じで、感覚でやっていきたい、とは思う。


でも表面も分かっていないと繰り返し来て、依存性があったりする気がする。

知らずにまた自分がズレる所に行っちゃって辛くなるというか。

だからつい説明しちゃう。



本当はそういうの嫌で、元気になったらもう一生私のそういうお客さんで来ないで欲しいとは思う。それより元気になったら私にそのパワーをくれ(笑)。色々教えて❔


また会おうね。


みたいな。



こういう所、トリートメントセラピストっぽくないよなー、って凄く思う…向いてないって(笑)。


でもきっと私は私で誰かの役に立ってる事もあるから。




皆、誰かの役に立ってる。


だから忘れないで欲しい。



自分の感覚を。

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

Instagram

papararara28

Twitter

@paparamai フォロー募集中♪

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM